婦人科では更年期障害の治療ができる!?治療方法について

更年期障害について知ろう

女性には毎月生理がありますが、40代後半ごろから女性ホルモンが減少し閉経を迎えます。女性ホルモンが減少し始めた頃から更年期と呼ばれるようになり、それに伴って体調不良が起こる事を更年期障害と呼んでいるのです。症状の出方は人それぞれ違っていますが、多い症状がほてりやのぼせ、汗をかきやすく頭痛や肩こりが起こります。また精神面ではイライラや情緒不安定、憂鬱感などが出てしまうのです。このような症状は婦人科で治療する事ができるのですよ。

減少した女性ホルモンを補おう

閉経を迎えた女性に起こってしまうのが更年期障害です。女性ホルモンが減少することによって起こってしまうのですが、心身ともに様々な症状がでるため辛い思いをしている人もとても多いのですよ。しかし更年期障害は婦人科で治療する事によって症状を緩和させる事ができるのです。主な治療が女性ホルモンを補う事です。これはホルモン補充治療と呼ばれており、飲み薬や貼り薬で補充する事ができるのですよ。辛い場合には1人で悩まず婦人科に相談するのが良いでしょう。

東洋医学で症状を緩和しよう

更年期障害は身体にも心にも様々な症状が出てしまうため仕事や趣味などもできにくくなり、また毎日の家事なども満足にこなせなくなってしまうのです。症状が酷いと動けなくなってしまう人もいるのですよ。そのような辛い症状は婦人科を受診する事によって緩和できる場合も多いのです。一般的にはホルモン補充治療が行われますが、漢方薬が処方される場合もあるのですよ。漢方薬の方が緩やかに効き副作用が少ないと言われているのです。

日曜日に婦人科で診察を受けることは可能です。平日は仕事で忙しい方のために、週末も開業している婦人科は数多く存在しています。