LED電球を活かすために!交換で配慮したいポイント

重さに注意!LED照明の設置できる重量を確認

従来の蛍光灯からLED照明に交換すると、電気代の節約などの効果が生まれるでしょう。しかしLED照明に交換するため、気をつけたいポイントもあります。確認が必要なのは、重量です。白熱電球や蛍光灯電球は、比較的軽量な製品が多いですね。一方でLED照明は、重い製品が多いです。これは、蛍光灯の内部に複雑な回路を持つためですね。スタンドタイプの照明をLEDに変える場合には、電球の重さは前もって確認するのが無難です。

熱対策がポイント!LED照明周辺の通気性をチェック

LED電球にとって大敵であるのは熱です。LED素子は熱に弱く、高温に長時間晒され続けると著しく劣化します。照明装置を設置する場所によっては、熱がこもりやすい場合もあるでしょう。そのような場所にLED照明を使うと、長寿命のメリットが活かせません。もし熱がこもるような設置場所にLED照明を用いるなら、通気性を良くするための工夫が必要でしょう。きちんと熱対策を行えば、設計通りにLED照明は長持ちします。

LED電球が使えない事も!?調光器の有無を確認

白熱電球などからLED電球へと変更する場合、確かめておきたい事があります。調光器が照明装置に接続されている場所もあります。調光器は、光の強さを調整するのに便利な電気設備ですね。しかし通常のLED電球は、調光器への接続には適していません。この場合、調光器を照明設備から取り外すか、あるいは調光器に対応したLED電球を選ぶ事になるでしょう。LED電球を購入してからこの事実に気付くケースも多いため、チェックが欠かせませんね。

LEDライトパネルに対する注目度が集まっています。通販サイトには、宣伝効果が高い製品が掲示されていますから、とても参考になります。