家庭用太陽光発電を導入する3つのメリットについて

電気代が安くなる可能性

多くの家庭では電気を使用する際に、電力会社から購入してその電気を使っています。なのでその分の電気を屋根の上に太陽光パネルを置いて発電することで、その電気を使えるので電力会社から購入する量が減ります。またピークシフトをすることで、電気料金の一番高い時間帯を避けることができ効果的に節電することができます。そのほかガスなどの省エネルギーの方法と組み合わせれば、電気代などの光熱費を導入以前と比べて格段に抑えることができます。

環境低負荷な生活の実現

電力会社で電気を購入する際、その電気は主に火力発電によって生産されており枯渇燃料を使用しているので燃焼の際に二酸化炭素を排出します。また燃料代が上がればその分の電気代上昇の危険性もあります。それに対して太陽光発電は発電する際には太陽光エネルギーを使って電気を作るので一切の二酸化炭素の排出はありませんし、太陽光はただで手に入れることができるので、値上がりの心配もないです。結果的に地球に優しい社会の実現に役立ちます。

新たな税金対策に役立つ

経済産業省では、再生可能エネルギーへの推進のために太陽光パネルの設置に補助金を出したり、または減税を行ったりしています。これによって余剰資金のある人は税金対策として太陽光発電を導入するのも良いかもしれません。また作った電力の余剰分は電力会社に売電することができるので、これをひとつのビジネスとして捉えることもできます。やり方を工夫すれば儲かるかもしれないですし、何より減税に役立つので設置できる場所がある人は検討してみると良いです。

家を建てる際に太陽光発電を付ける場合費用が150万円程かかりますが、それを取り戻すには13年ほどかかります。