うつ病は信頼できる医師と二人三脚で克服しよう!

医師との信頼関係が大切です

最近では心療内科やメンタルヘルス科の専門クリニックの数が増えたこともあり、うつ病かもしれないと思ったときには一人で悩まずクリニックに足を運ぶ方も増えています。でも、思っていた治療ではなかったり、一方的な質問の答えるだけで診察が終了していたという経験をしたことはありませんか。患者の多いクリニックでは、ほとんどカウンセリングを行うことなく、薬だけで治療を進める医師もいます。不安を感じる信頼できないなと思ったら、転院する勇気も大切です。

話せば楽になることもあります

心療内科でのうつ病の治療は、その原因になったことを分かった上で治療を行った方が効果が上がりやすいケースもあります。自分の中で引っかかっていることがあるなら、医師に話しておきましょう。それだけで肩の荷が下りることもあります。また、仕事を続けながらの通院の場合は、治療を行いながらもストレスに立ち向かうことになるので、些細なことでも記憶に強く残るストレスはなるべく医師に報告しておきましょう。医師が症状に合わせた薬を選ぶための参考にもなります。

処方された薬はきちんと飲みましょう

うつ病の投薬治療では、個人によって薬の効き方に違いがあるために、予期せぬ症状があらわれるケースがあります。眠気や胃の不快感、嘔吐などがその代表的な例ですが、不安を感じたらこのまま投薬を続けても良いのかを電話で医師に問い合わせてみましょう。個人の判断で投薬を中止してしまうと、治療全体に大きな悪影響を与える可能性があります。処方された薬はすべてを医師の指示通りに飲むことによって、本来の効果が発揮されるのです。

うつ病の治療は専門医による適切な治療を受けることが早期回復の条件です。そのため、患者に対して誠実に対応できる医師が常駐する病院を選ぶことが重要になります。